援助交際に関するリアルガチ情報サイト

援交マニュアル

援助交際情報

JKやJCと援交ができるサイト・アプリを解説

更新日:

18歳以上の女子と援交をする方法は、これまでの記事で解説してきた。

今回は18歳未満の女子高生(以下JK)・女子中学生(JC)・女子小学生(以下JS)、もしくは18歳ぴったりの高校三年生と援交をする方法を解説する。

なお、言うまでもないが18歳未満との性行為は淫行にあたり、売春にもなるとさらに罪が重くなるので、悪用は厳禁だ。

あくまでも知識として目を通してもらいたい。

JCやJKがどこでどうやって援交しているのかを知ることで、援交・パパ活で遊ぶ際に18歳未満と淫行してしまう危険を回避できるとも言える。

年齢別の援交の違法性に関しては以下の記事で詳しくまとめているので、参考にどうぞ。

援交(売春)は捕まる?捕まらない?パパ活や愛人などとの違いも解説

援助交際=逮捕!という認識の人も多いだろうが、実は援助交際は刑事罰の対象ではない。 つまり、援助交際は厳密に言うと違法であるが、捕まるということは基本的にはない。 当記事では、援交とはなんなのか?パパ ...

出会い系サイトやマッチングアプリに援交JKはほぼいない

まず、18歳未満のJK・JC・JSは当然ながら出会い系サイトやパパ活系マッチングアプリなどにはいない。

よほど無法地帯のヤバいところ以外、出会い系サイトやマッチングアプリはどこも出会い系規制法などの法令・条例に則って運営されており、厳しく年齢確認が行われているからだ。

たまーに母親の身分証などを利用して年齢確認をすり抜けてくるJKなんかもいるが、非常にレアで基本的にはいない。

時期によっては18歳を迎えた現役高校三年生の女子ならちょこちょこマッチングアプリに出現するが、これも数は少ない。

以上のことから、本来なら援交募集で利用されている場所でも、JKやJCとなると、そうそう見つけることはできない。

今のJKの援交募集は無料アプリとSNSが王道

まず、そもそも援交が気軽に行われていた昔(90年代~00年代)と比べて、今現在は援交なんてしているJKはそうそういない。

JDくらいになると環境が激変するため、急に「パパ活」と称して援交を始める女子が増えるが、JK以下だとなかなか援交をしている子は少ない。

それではJK以下の援交募集は今時もうないのか?と言われると、全くないわけではない。

今現在JK以下の援交募集を見かけることができるのは、無料のチャットアプリやTwitterなどのSNSだ。

特にTwitterは適当なワードやタグで検索するだけで、簡単に援交JK・JCを見つけることができてしまう。

Twitterは年齢制限が実質なく、子供でも気軽に利用可能で規制も緩く無法地帯だ。

実際にTwitterでは児童への性犯罪(援交やオフパコ)があまりにも多く、問題になっている。

ただし業者やイタズラ、釣りも非常に多く、詳しくない人が本物の援交募集とそれ以外を見分けるのは難しいかもしれない。

ちなみにTwitterを使ったJC・JKとの淫行に関しては、近年ネットポリス・サイバー警察がかなり力を入れて捜査・取り締まりを行っている。

そのため、興味本位で「えんしよう」や「いくら?」などとメッセージを送ったりするのは絶対にやめた方がよい。実際に会う気がなかったとしても危険である。

参考サイト、記事

今時のJKたちはどこで援交を募集しているのか?【悪用厳禁】|JK-女子高生と出会う方法

-援助交際情報

Copyright© 援交マニュアル , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.